早期のイタチ駆除依頼で被害抑制|害獣や害虫によるトラブルの解決

婦人
このエントリーをはてなブックマークに追加

イエネズミについて知る

ネズミ

日本国内で見られるネズミの内、ドブネズミ・クマネズミ・ハツカネズミの三種は家屋に浸入し様々な被害を発生させるイエネズミとして分類されています。イエネズミの中でも都市部で見られるものは、ドブネズミ・クマネズミの二種で、ハツカネズミに関しては自然と隣接した農村でのみ見られるでしょう。イエネズミというのは、それぞれに外見的特徴や性格等が異なります。ここでは、その違いについて知っていきましょう。
イエネズミに該当するドブネズミについて、ドブネズミは三種のイエネズミの中でも最も大きいネズミで、耳が小さく尻尾が短いといった身体的特徴を持っています。また、腹部が灰色であるというのも一つの特徴になるでしょう。性格は獰猛で、食性も肉食に近い雑食です。一般的なネズミというのは泳ぎを苦手としますが、ドブネズミは泳ぎが得意とされています。その代わり、綱渡りといった移動が苦手です。先程挙げた通り、性格が獰猛なため人に噛みつくことが多々あります。媒介する病原菌や寄生虫も多岐に渡るため、ネズミ駆除を考える際にはネズミ駆除業者への依頼した方が良いでしょう。次に、クマネズミについてです。クマネズミは中型のネズミで、耳が大きく尻尾が長いといった身体的特徴が挙げられます。ドブネズミと違い泳ぐことが苦手で、天井や壁伝い、配管等を上ることが得意です。警戒心が強いため、罠等を使用しての捕獲は難しいでしょう。そのため、クマネズミも素人の力だけで捕獲・ネズミ駆除を行なうよりも、それを専門とする業者に依頼することが賢明と言えます。ハツカネズミについては、特に小型のネズミで農村地において食害を発生させます。性格は穏やかで好奇心旺盛、そのため罠に掛かりやすいといった特徴が挙げられるのです。ハツカネズミであれば素人でも捕獲し易いため、どうしても捕獲できないといった場合にのみネズミ駆除業者に依頼して対応してもらうと良いでしょう。